アフィリエイト

Twitter集客 メルマガリストの集め方

Twitterからメルマガリストを集める方法について。

まずメルマガに登録してもらうためには
登録する際の読者の心理状態を把握する必要があります。

読者がメルマガに登録する際、
どういう心理状態なのか、
なぜメルマガに登録するのか、

これを把握していなければ
登録率を上げることはできません。

逆にこれを把握していれば
登録率を上げるためになにをすべきかが
見えてきます。

なぜメルマガに登録するのか

メルマガを登録する理由。

それは、メルマガを購読すれば
「価値のある情報を受け取れる」
と判断するからです。

メルマガに登録しても価値のない情報しか得られないだろうと
読者が判断したら登録しないわけです。

では、そのメルマガに登録する価値が有るかどうかを
どこで判断しているのかというと、
今すでに見えているコンテンツです。

メルマガの内容は見えないわけですから、
ブログやツイッター、Facebookなどの
すでに見えているコンテンツによって、

そのメルマガに登録するだけの価値が有るかどうかを
判断しているわけです。

そう考えたときに、
メルマガに登録してもらうためにするべきことは
メルマガは登録するだけの価値が有るんだ
ということを読者に伝えることです。

つまり、訪問者の「教育」です。

この教育が重要だということを踏まえながら
Twitter集客を考えていきます。

まず押さえておきたいのは
Twitterの特性です。

メディアにはそれぞれ特性というものがあります。

Twitterの特性は
・1ツイート140文字という文字数制限
・タイムラインの流れが速い
・過去のツイートを遡りづらい
というものがあります。

これらを総合的に考えると
Twitterは教育をするのが難しい媒体
だということがわかります。

教育の段階で伝えたいことを
できるだけ多く伝えたいのですが、
Twitterの文字数制限などの特性を考えると
それができないからです。

では、どこで教育をするべきなのかというと
それはブログです。

Twitterはあくまでもブログへの入り口として利用し、
教育は全てブログで行っていく。

そうすることによって、
まとまった教育を施すことができ、
登録率が高まります。

Twitterで集客している人でよくいるのが
Twitterから直接LPヘリンクを張ってしまう人ですね。

LPへのアクセス数としては多くなりますが、
教育がされていない分登録率は著しく落ちます。

なので、必ず一度ブログを経由させるようにしましょう。

そしてブログコンテンツを読んでもらい
この人の情報には読むだけの価値があると
認識してもらう必要があります。

これをするかしないかで
売り上げにも大きな影響が出るので
必ずブログに誘導してください。

ブログに誘導した後にもコツがあります。

教育のために読んで欲しいコンテンツを
まとめて用意しておくことです。

5〜6記事ほどでいいと思います。

あんまり多すぎても消化不良になってしまうので
長すぎず短すぎず調整してください。

訪問者の属性に合わせて、
その人に読んで欲しい記事を
まとめて用意します。

僕は初心者コーナーということで
6記事セットで設置しています。

この初心者コーナーを読んでもらえれば
基本的な教育ができるようになっています。

で、この1つ1つの記事の最後には
初心者コーナーのコンテンツ一覧の
リンクを貼っています。

そうすることで、
全ての記事に目を通してもら得る可能性が高くなります。

で、全部読み終わったところで
「無料メルマガ講座はこちらです。
ブログよりももっと有益な情報を発信しています」と
リンクを貼っておくと、

教育が施された訪問者がスムーズに登録してくれる
という流れを作ることができます。

最後に駄目押しで
プレゼントを用意しておくのも有効です。

ただメルマガに登録してもらうだけではなく、
有益な情報をまとめた無料レポートを
プレゼントしています、というように
目に見える形でメルマガに登録するメリットを用意すると
登録率はグッとあがります。

まとめると
・メルマガに登録してもらうためには教育が必要
・Twitterは教育に向いていない
・教育はブログ上で行う
・登録率を上げるためにプレゼントを用意する

[line@ line@=””]

ABOUT ME
キヨスケ
1993年生まれの24歳。ネットで稼ぐことを決意し早稲田大学を4年時に中退。ブロガーとして月収100万円を目指し日々奮闘中。好きな言葉は「人生山あり谷あり」