未分類

宅配コミックレンタルと電子書籍レンタルを徹底比較してみた

最近デスノートにハマっている(5回目)キヨスケです。

U-NEXTでなんとなく見始めたら止まらない止まらない。何回見てもおもしろい名作です。

そんな名作を生み出した大場つぐみ・小畑健ペアの別の作品を読みたいと思って調べてみたら、なんと絶賛連載中だったんですね。知らなかった・・・。

作品名は「プラチナエンド」。まだ読んでいないので内容は分からないのですが、大場・小畑ペアの作品なら面白いに違いないということで読むことに決めました。

しかし、最近読みたい漫画が多すぎて、それら全てを購入していたのではお金が底を尽きてしまうし、部屋も漫画だらけでスペースが無くなってしまう。そもそも買いに行くのが面倒だ。

そんなわけで、たどり着いたのがコミックレンタル。レンタルなので費用的には安いだろうと思うのですが、利用したことがないのでどんなものなのか気になる点が多数。

ざっと調べてみただけでもコミックレンタルサービスがこんなにあります。

宅配レンタル
・ツタヤディスカス
・DMMコミックレンタル
・GEOコミックレンタル

電子書籍レンタル
・Renta!
・コミックシーモア

宅配レンタルがいいのか、電子書籍レンタルがいいのか・・・。

この機会なのでコミックレンタルについて徹底的に調べてみました。

コミックレンタルの優れている点

コミックレンタルを利用するメリットは主に3つ

購入するより安く済む

コミック単行本を購入すると大体400円〜600円前後するのに対し、コミックレンタルなら1冊100円〜300円前後で済むケースが多いようです。

例えば新刊の漫画を20冊読みたいとしましょう。1冊400円で購入すると20冊で合計8000円。コミックレンタルであればおおよそ2000円前後で済みます。

これだけでも6000円の差がありますからコミックレンタルがどれだけ安いかというのわかりますね。

場所を取らない

購入する場合と比べてレンタルコミックの最大のデメリットは返却しなければいけないことです。レンタルなので返却するのは当たり前なのですが。

しかし、これはメリットでもあります。レンタルであれば家の中のスペースが奪われる心配がない、ということです。漫画を買い込むと本棚があっという間に埋まってしまいますから、僕は返却してしまったほうが部屋がすっきりして良いと思っています。

読みたくなったらまた借りて読むこともできますしね。

読み放題よりラインナップが豊富

月額の漫画読み放題サービスは利用したことがあるでしょうか?しかたないのかもしれませんがラインナップが非常に寂しい。有名な漫画がほとんどラインナップされていなかったりします。

その点、コミックレンタルはラインナップが豊富。現在連載中の人気漫画はほとんどレンタル可能です。

電子書籍レンタルと宅配レンタルの違い

コミックレンタルは主に電子書籍レンタルと宅配レンタルに分かれます。それぞれにメリット・デメリットがあるので比較しましょう。

料金面

電子書籍レンタルの場合、無料や100円のものもありますが、有名どころは300円くらい。思ったよりも高いですね。在庫を持たない分、低価格であることを期待していたので残念な感じがあります。やはり電子書籍化するのはコストがかかるのかもしれません。

宅配レンタルの場合、1冊50〜100円という破格の安さ。送料がプラスされることを考えても十分安い価格です。まとめてレンタルすれば送料が安くなるので宅配レンタルではまとめてレンタルがおすすめ。

利用期間

電子書籍の場合、レンタル期間は2〜3日。レンタルの申し込みをしたら即時読めるようになります。電子書籍レンタルの最大の利点ですね。ちょっと暇な時間が出来てしまった時にすぐレンタルできるのは非常に便利。

宅配レンタルの場合、レンタル期間は2〜3週間。レンタル申し込みから1〜4日以内にコミックは届くようです。電子書籍と比較すると少し遅れますがわりとすぐ届くようですね。

宅配コミックレンタルのサービス内容

基本的にはまとめて借りるのがお得な宅配レンタル。種類も豊富なので読みたい作品がきっと見つかります。ただし、貸出中の可能性があるのが欠点。

ツタヤディスカス

CD・ DVDレンタルサービスで有名なTSUTAYAが提供するツタヤディスカス。動画見放題サービス、CD・DVDの宅配など様々なサービスが盛り込まれているが、その一つにコミックレンタルのサービスがあります。

ツタヤディスカスはさすが全国チェーンで展開しているだけあって、在庫数がとにかく多い。21000シリーズの豊富さで在庫数は38万冊以上!借りたい漫画はほぼここにあると思っていい。

1冊あたりのレンタル料金は冊数に応じて変わるシステムを取っています。25冊以上で1冊97円、15冊以上で130円、14冊以下で160円とまとめて借りたほうが1冊あたりの単価が低くなります。

9冊以下のレンタルだと送料が600円かかってしまいます。冊数が少ないと割高になってしまうので、できるだけ10冊以上まとめて借りるようにしましょう。10冊以上なら送料無料です。

新刊も含めて全てのコミックが均一の料金体系になっているのもグッド。

利用方法ですが、まず会員登録をする必要があります。ツタヤディスカスは31日間の無料お試し期間があるので、そこから登録すると動画見放題サービスやDVDレンタルなどが無料で利用できます。

をつけましょう。なお、動画プランを退会した後も月額費用なしでレンタルの利用可能です。(レンタル代は別途必要)

DMMコミックレンタル

DMMが提供するコミックレンタルサービス。1冊50円というありえない安さが売り。15048作品とコンテンツも非常に充実していて漫画大賞特集やこの漫画がすごい!特集が組まれていて、人気の作品や話題の作品がわかりやすく掲載されています。

見た限りではツタヤディスカスにも劣らないくらい有名作品を取り揃えていますが、若干「貸出中」の作品が多いような印象。

料金面では1冊50円という業界一の安さ。ただし送料が一律840円となっており、いくら借りても送料無料にはならないので注意。

トータルで料金を見るとDMMコミックレンタルとツタヤディスカスで大きく差があるわけではないので、在庫の有無で両方を使い分けるのがベストでしょう。

レンタル期間は最大20泊21日。貸出冊数が25冊未満の場合は14泊15日。

利用方法
1、会員登録をする
DMMの会員登録をします。すでにDMMの会員になっている人はすぐにレンタル可能です。

2、ネットで予約する
読みたい漫画を選びバスケットの中に入れます。貸出中の漫画をバスケットに入れないように気をつけましょう。

3、自宅へお届け
レンタル期間は最大20泊21日。時間指定もできます。

4、らくらく返却
返却は自宅集荷やコンビニ返却が可能。遠くの店舗にわざわざ行く必要がないのは非常に魅力的。
延滞すると延滞料が1日につき25円/1冊かかってしまうので注意しましょう。

GEOのコミックレンタル

ゲオの宅配レンタルサービス。1冊124円となっていますがコミックは基本的にまとめてレンタルしかできません。

しかもゲオ側で指定したセットでしかレンタルできないので、利用するのがなかなか難しい気がします。

ツタヤディスカス、DMMコミックレンタル両方で貸出中だった場合は最終手段としてゲオのコミックレンタルを利用するという形になると思います。

コンテンツもツタヤディスカスやDMMコミックレンタルと比べると落ちる印象があります。これから伸びることを期待したいですね。

レンタル期間は14泊15日。

電子書籍レンタルのサービス内容

最近は1冊あたりの単価が上がってきている印象のある電子書籍レンタル。たくさん本を読む人には不向きかも。レンタル申し込みから即時読み始めることができるので、外出先などでちょっとした暇な時間に利用するのがオススメ。

Renta!

神木隆之介くんのCMが印象に残るRenta!は、電子書籍レンタルのサービス。1冊無料のものから300円ほどのものまでコミックによって料金が変わります。

作品数は宅配レンタルと比べるとかなり落ちる。特に僕個人としてはジャンプコミックスの取り扱いがないのがかなりキツイ。

全部100円だったらめちゃくちゃ使えるのになーと思ったのですが、結構300円くらいのものが多くちょっと残念。

とはいっても新刊で購入するよりは安いので、最新刊を安くすぐ読みたい人にとってはありがたい。

また宅配サービスとは違ってレンタルの申し込みをするとすぐに読めるので、移動中や待ち合わせの時などちょっと暇になってしまった時間に読めるのは非常に便利!

宅配レンタルでは送料を考慮してまとめ借りする必要があったが、電子書籍の場合は1冊ずつ借りれるのもグッド。

レンタル期間は48時間。ちょっと短めだが1冊ずつ借りれば全く問題ない。

コミックシーモア

基本的にはRenta!と同じような感じ。

 

ABOUT ME
キヨスケ
1993年生まれの24歳。ネットで稼ぐことを決意し早稲田大学を4年時に中退。ブロガーとして月収100万円を目指し日々奮闘中。好きな言葉は「人生山あり谷あり」