PPCアフィリエイト

PPCアフィリエイトとは?初心者でも1ヶ月目から15万円稼げたやり方を紹介

今回の記事では僕がアフィリエイト初心者にオススメしているPPCアフィリエイトについて書いていきます。2017年6月から本格的に始めたPPCアフィリエイトで初月から15万円稼げた手法を解説しています。

PPCアフィリエイトとはなんなのか。そのメリットやデメリット。資金はどのくらい必要で、どのくらいの金額が稼げるのか、など気になる情報をまとめています。

PPCアフィリエイトとは?

PPCアフィリエイトではPPC広告を利用します。

PPC広告とはPay Per Clickの略で「クリック課金広告」という意味です。グーグルやヤフーの検索結果のトップページに自分のサイトを掲載する代わりに、1クリック毎に数円〜数十円の広告費を支払います。

つまり、PPCアフィリエイトとは広告でアクセスを集めアフィリエイトする方法です。

具体的な例を見てみましょう。

これはYahooの検索結果です。赤枠の中のサイトは全てPPC広告で出稿されている広告です。その中でも文末に「提携」と書かれているサイトはアフィリエイトサイトであることを示しています。

PPCアフィリエイトのメリットは?

すぐに成果が出る

僕が初めてPPCアフィリエイトを始めた際には、初日から利益が発生していました。577円の広告費で5496円のアフィリエイト報酬です。費用対効果でいえば約10倍!

初めて報酬上がった時はめちゃくちゃ嬉しくて泣きそうになりました。なんかの間違いなんじゃないかと何度も疑いましたが、本当に報酬が発生していました。

特別なスキルが必要ない

アフィリエイトは基本的にライティングスキルが重要とされます。文章を書く技術ですね。しかもただの文章術ではなく、コピーライティングと呼ばれる”売る”ための書く技術です。

しかし、PPCアフィリエイトではライティング技術は必要ありません。独創的な文章も整理された文章もいりません。ほとんど文字を書かないからです。すでにサイトに書かれている文章をコピペして少しだけアレンジを加える程度のことができれば問題ありません。

僕は文章を書くのが苦手でした。学生時代の読書感想文ですら何時間も悩んでしまう人間です。(今ではだいぶマシになりましたが…。)そんな僕でもPPCで全く苦労しなかったのは、単純にライティング技術が必要なかったからです。

大きく稼げる

PPCアフィリエイトは広告費を大きくすればするほど利益が大きくなります。広告費を2倍3倍とすれば利益も2倍3倍と比例して増えていくのです。

アフィリエイトにおける売り上げの計算式は以下の通り。

売り上げ = 顧客数 × 報酬単価

報酬単価は、取り扱っている案件ごとに設定されているアフィリエイト報酬のことです。単価が高いものを選べば報酬は高くなるし、単価の低いものを選べば報酬は低くなります。つまり、報酬単価は自分の選ぶ商品によって決まってくるのであまり気にする必要はありません。

問題は集客です。ほとんどのアフィリエイターが最も苦労するのが集客になります。SEOやSNSで集客しようと思ったらどうしても時間がかかります。また、どんなに頑張っても媒体が育たなければ報酬を大きくすることはできません。どうしても時間も労力も必要になってくるわけです。

その点PPCアフィリエイトはお金さえ払えばアクセスが集められます。アフィリエイターにとって最も苦労する部分を解決できるのです。

また、広告の出し方によってどんな顧客にアプローチするのかを設定することができます。うまく購買意欲の高い顧客にアプローチすることができれば、サイトにアクセスを呼び込むだけで報酬が発生するのです。

つまり、PPCアフィリエイトなら購買意欲の高い顧客だけをサイトにどんどん流し込むことができるので、大きく稼ぐことが可能だということです。

PPCアフィリエイトのデメリットは?

PPCアフィリエイトにも弱点があります。

元手となる資金が必要

何度も言っている通り、PPCアフィリエイトでは広告費が必要になります。最低でも3000円は必要です。逆に言えば、初期費用3000円あればPPCアフィリエイトを始めることができます。どのくらい広告費に投入するかは自由です。手元のお金に余裕がない時は広告を止めればそれ以上のお金はかかりません。

僕の場合、広告費の5倍〜10倍のアフィリエイト報酬を発生させています。もし3000円の広告費があれば15000円〜30000円位稼いでいるということです。

しかし、お金を全くかけたくないという場合PPCアフィリエイトは向いていません。

赤字になるリスクがある

広告を出稿しているのにアフィリエイト報酬が発生しなければ当然赤字になります。それはアプローチしている顧客を間違えている、または、取り扱っている商材に問題があるかです。

アプローチしている顧客を間違える

たとえば「ドラクエ11 攻略」と検索している人に対して、ドラクエ11を販売するための広告を出しても売れないですよね?「ドラクエ11 攻略」と検索している人はすでにドラクエ11を持っていて、新しく購入するつもりがないからです。

このように購買意欲の低い顧客に広告を出すと商品は全く売れません。

取り扱っている商材に問題がある

たとえば商品の販売ページに電話番号が目立つように書かれている商材は取り扱わない方がいいです。なぜなら電話で購入した場合アフィリエイト報酬が発生しないからです。

アフィリエイト報酬は、自分のサイトのリンクを経由して商品が売れなければ報酬が発生しません。電話での購入だと自分のサイト経由ということにはならないので、せっかく広告で集めた顧客が逃げてしまいます。

これらのように、広告の出し方や扱う商材を間違えてしまうといくら広告を出しても商品が売れないのです。

具体的にどう広告を出せばいいのかという点については、趣旨がずれるのでこの記事では取り扱いません。メルマガで詳しく説明しているので興味がある人は登録してみてください。

広告のメンテナンスが必要

PPCアフィリエイトにおいて最も重要なのが広告のメンテナンスです。広告を出しているとよく売れる商材とあまり売れない商材があります。あまり売れない商材に広告費を使うよりはよく売れる商材に使ったほうがいいですよね?より少ない広告費でより大きな報酬を得るために、広告のメンテナンスを行います。

商材によってはシーズンがあります。水着は夏に売れるし、ストーブは冬に売れるように、季節や時期によって売れる商材は変わってくるのです。そういった点に注意しながらどの広告がベストなのかを毎日チェックする必要があります。

このメンテナンスを怠っていると徐々に広告の効果が弱まり、どんどん赤字になってしまうということです。

しかしメンテナンスと言っても1日15分とかですみます。面倒に感じるかもしれませんが、それ以上の成果が発生するのでそれほど苦にはならないと思います。

PPCアフィリエイトのやり方

ASPに登録する

まずはASPに登録しましょう。ASPとはアフィリエイトできる商材が掲載されているサイトだと思ってください。PPCアフィリエイトのオススメASPはアクセストレード、A8.net、Link-Aの3つ!とりあえずこの3つを登録しておけば問題ないでしょう。

アクセストレード

 

A8.net

 

Link-A

PPCする案件を選ぶ

前述したとおり、PPCアフィリエイトにおいては商材選びが重要になってきます。ここでは商材を選ぶための最低限の条件を紹介します。

より大きく稼ぐためのチェックポイントもたくさんありますが、この記事では趣旨から外れるので省略します。

報酬金額が1000円以上のもの

PPCアフィリエイトにおいては、アフィリエイト報酬>広告費としなければ利益は出ません。そのため、アフィリエイト報酬の単価が低いものだとすぐに報酬よりも広告費のほうが高くなってしまいます。なので、最初のうちはアフィリエイト報酬の高いものから優先的に選ぶことをお勧めします。

ただ、報酬が高ければ高いほどライバルも多くなるのでその辺は注意が必要です。
まずは3000円くらいを目安にするのがいいでしょう。

承認率が高いもの

注意して欲しいのが承認率というものです。アフィリエイトで成果が発生したからといってその金額すべてが振り込まれるとは限りません。商品のキャンセルや返品など何かしらの原因で成果が取り消しになる場合があります。

そこで確認したいのが承認率というものです。承認率とは報酬が発生したうちの何%が報酬確定になるのかを示したものです。

たとえば商品が10個売れたうち6個確定されれば承認率60%ということになります。アフィリエイト報酬は発生したのちに確定までしなければ受け取れないので注意してください。

中には確定率が10%を切ってしまうような残念な商材もあるので必ず確認するようにしましょう。

リスティングNGではないもの

リスティングというのはPPC広告による集客のことです。商材の中にはリスティング広告による集客はしないでください、というものもあります。

たとえばA8.netであればリスティングNGというマークが入っていたり、リスティング一部OKとなっています。アクセストレードやLink-Aでも同じようにリスティングNGの案件があるので必ずチェックしましょう。

ちなみにリスティングNGだとリスティング広告による集客をしてはいけません。リスティング一部NGの場合はリスティングをしてもいいけど、商標ワード(商品名)でのリスティングを制限している場合が多いです。案件によって制限は異なるのでしっかりと確認する必要があります。

PPCアフィリエイトはどんな人が向いているのか

PPCアフィリエイトに向いていない人というのは特にいません。生活があまりにもカツカツで今の生活をするのもギリギリだという人以外には、PPCアフィリエイトから始めることを勧めます。

資金がある人

PPCアフィリエイトをする上で重要になるのがやはりお金です。お金があれば報酬は右肩上がりに上がっていきます。貯金が5万円以上ある人は全員PPCアフィリエイトから始めるのがベストだと思っています。

貯金があまりない人でもPPCアフィリエイトは可能です。僕は1ヶ月あたり3万円くらいしか使えませんでしたが、初月から15万円の報酬をあげていました。僕は最初に使える資金が少なくてよかったと思っています。なぜなら、徹底的にコスパのみを考える訓練ができたからです。

資金はないけど大きく稼ぎたかった僕は、広告の費用対効果をコマメにチェックしてできるだけ無駄がないように効率良くアフィリエイトを意識していました。今までいろんな人を見てきましたが、資金がある人は結構大雑把になる傾向があります。それでもある程度の結果が出てしまうので、そこで満足してしまうんですよね。

そう考えると、今の生活がギリギリすぎて生きていくのがやっとだ、って人以外はPPCアフィリエイトは試してみる価値があると思います。

数字に細い人

PPCアフィリエイトではたくさんの商材を一気にたくさん取り扱います。当然よく売れるものもあれば、あまり売れないものもあります。売れていれば広告費を増やすし、売れなければ広告をストップします。

商品が売れるか売れないかは季節や流行に左右されます。ある時期に売れていても突然売れなくなることもあるし、逆に売れていないものが突然売れるようになる時もあります。

これらは日々チェックしていく中で、数字を確認しながら調整していく必要があるのです。なので数字を細かくチェックできる人の方が向いているのです。

時間がない人

PPCアフィリエイトは簡単な記事を作ったあとは、広告の管理をするだけで成果がドンドン上がっていきます。基本的にはほったらかしでオーケーです。SEOのように順位変動に怯える必要もありません。
1日あたりの広告メンテナンスを15分くらいできればいいので、時間がない人にはお勧めです。

まとめ

PPCの説明を読んでみていかがだったでしょうか?

僕はPPCアフィリエイトはすごく楽しいものだと思っています。自分が狙った商品が見事にハマってバカ売れしたりするとめちゃくちゃ嬉しいです。

数字は嘘をつきません。PPCアフィリエイトの良いところは独創性が必要ないというところです。オリジナルの文章を書く必要がないのです。だからこそ再現性が高いのです。しっかりと数字を管理すれば確実に成果を上げることができます。

独創性は必要ないと書きましたが、独創性を出すことも可能です。ちょっと変わった広告を出していたら目につくだろうし、サイトの言葉選びを自由に変えることもできます。

PPCアフィリエイトは実験の連続です。こんな広告出したらどうなるんだろう、こんな案件扱ってみたら売れるんじゃないか、と思ったことをすぐに実験して、その日のうちに結果を見ることができる。PPCアフィリエイトとはたくさんの発見がある楽しいアフィリエイトだということを知ってもらえたら嬉しいです。

僕のメルマガでは、PPCアフィリエイトに関する情報発信をしています。ブログには書いていないリアルタイムの実験結果を楽しむことができます。

具体的なデータなども交えながら役に立つ情報を発信していくので、興味があったら登録してみてください!

>> メルマガの登録はこちら

 

[line@ line@=””]

ABOUT ME
キヨスケ
1993年生まれの24歳。ネットで稼ぐことを決意し早稲田大学を4年時に中退。ブロガーとして月収100万円を目指し日々奮闘中。好きな言葉は「人生山あり谷あり」