Twitter

Twitterのフォロワーを増やすプロフィール設定術!リフォロー率を大幅に上げる方法とは?

なぜプロフィールが重要なのか

Twitterでフォロワーを増やす王道のスタイルは、こちらからフォローすることでそのリフォローを期待するというものです。

たとえば100人フォローしてそのうち30人がリフォローしてくれるといった具合です。

実際にどのくらいフォローが返ってくるかどうかは、その相手がこちらに「興味を持つかどうか」というのが一番の要因と言えるでしょう。

では、「興味を持つかどうか」は何によって判断されるのでしょうか?

過去のツイートを遡ってくれるとは思えません。興味がそもそもないのに、わざわざ時間を使って遡るとは考えにくいですね。

すると、その判断材料となるのは他でもなく「プロフィール」にあるといえます。フォローされたときに一番最初に目に入るのがプロフィールです。

そこで興味が持たれなければ、ツイートを見ることもなくスルーされてしまうでしょう。

どんなに素晴らしいツイートをしていたとしても、そもそも読まれなかったら意味がないのです。

そのような理由から、フォローを増やすためにはまず「プロフィール」に最新の注意を払う必要があります。

では、具体的にどのようなプロフィールにするべきなのか。

プロフィールについて注目すべきは2つ。

1つ目は、プロフィール画像です。

プロフィール画像は、自分が何に興味を持っているのかがしっかりと伝わるものにしましょう。

どんな人のにフォローされたいのかを考えれば、必然的にそのプロフィール写真をどのようにすればいいかは決まってきます。

当然、ターゲットとなるユーザーと同じ属性の画像にするべきです。

野球好きのユーザーをフォローしているのに、サッカーのプロフィール画像を使っていれば当然共感してもらいにくくなります。

野球好きのターゲットに合わせて野球関連の画像を利用するべきです。

繰り返しになりますが、相手がフォローしてくれるかどうかは共通点があるかどうかです。プロフィール画像で共通点があることをアピールすることで、「同じ趣味があるからフォローしてくれたんだ」と思ってもらえるようにしましょう。

2つ目は、プロフィールの内容です。

プロフィール欄には自分の説明を書く欄があります。そこではできるだけ自己開示することを意識しましょう。

たとえば、「プロ野球が好きな大学生です。特に巨人の坂本が好きで、東京ドームの試合見に行く予定です。」

ちょっと雑ですが、こんな感じでもいいでしょう。
ポイントは自分が何者なのかがわかるということです。ここでは「野球好きの大学生」ということがわかります。

で、情報は詳しく書いた方がより親近感が湧きやすくなります。

ここでは、「巨人ファン」「坂本ファン」は高確率でリフォローしてくれるでしょう。

このように属性をはっきりとさせること。それも詳しくした方がいいです。

今回作った例では、まず「野球ファン」だとしました。ただこれでは、属性が広すぎます。もうちょっと具体的にするために「巨人の坂本」とかなり限定してみました。

すると野球>巨人>坂本と徐々に小さくなっているのがポイントです。
これを最初から坂本選手だけに絞ってしまうと、他の野球ファンから見向きもしてもらえません。

それでは反応の取れる母数が少なくなってしまうために、あえて最初は広めに野球ファンとしました。

このように、属性を絞りながらも、完璧に絞るのではなくある程度幅を持っておくことがポイントです。

まとめ

今回はフォロワーを増やすためにプロフィールをどう設定するかということを解説しました。
1つ目は、プロフィール画像。
2つ目は、プロフィール説明。
両者に共通しているのは、ターゲットユーザーと同じ属性にすることで共感を持ってもらうことでした。

できるだけ共感を持ってもらうことで、リフォロー率を大幅に上げることができるので是非試してみてください。

ABOUT ME
キヨスケ
1993年生まれの24歳。ネットで稼ぐことを決意し早稲田大学を4年時に中退。ブロガーとして月収100万円を目指し日々奮闘中。好きな言葉は「人生山あり谷あり」