絶対おもしろい心理学

あなたは心理学に興味ありますか?

心理学には日常でも使えるような
おもしろいことがたくさんあります。

きっとこの記事を読めば
心理学を好きになってもらえると思います。

心理学は面白い

心理学に関して、面白い話があります。

とある実験で
コピー機を使っている人に「先にコピーをさせてくれ」と
2つの方法でお願いしました。

お願いの仕方はこうです。

1. 先にコピーさせてください
2. 急いでいるので、先にコピーさせてください

1は率直にお願いをしただけです。
2は理由をつけてお願いしました。

どうなったと思いますか?

結果、1の場合は60%しか承諾を得られなかったのに対し、
2の場合は94%の人が承諾しました。

理由をくっつけるだけで
承諾を得られる可能性は1.5倍以上になったのです。

さらに面白いのは
「コピーしたいので、先にコピーさせてください」
とお願いした場合です。

「コピーしたいので」って全然理由になってないですよね?
コピー機を利用する人は全員コピーしたいわけですから。

では結果どうなったか。

なんと93%の人が承諾したのです。

承諾を得られるポイントは理由の内容ではなかったのです。
「理由がある」かどうかです。

つまり何かをお願いするときは必ず理由をつけましょう

その理由は極端な話なんでもいいと。

 

この事例をナンパ師と話しているときに聞きました。

そのナンパ師はある日、
女の子を引き止めることに成功し、
なんとか相手の家にたどり着きたいと考えていました。

しかし、なかなかOKがでません。
Amazonから冷蔵庫が届いてるらしく、
設置作業をしなくてはいけないというのです。

このままではまずいと思ったナンパ師は
家に潜りこむためにこう言いました。

「洗濯機設置するの得意だよ。
ホースつなぐの手伝ってあげるよ。」

家に行く理由としては
意味不明なのですが

理由を付け加えることによって
OKが出たそうです。

そのナンパ師いわく、
「女の子は理由を欲しがっているんだ」
と。

(結局一晩泊まったのに
洗濯機には全く触れなかったそう。)

1、社会的証明

社会的証明とは、
個人の意見の妥当性を指します。

もっと簡単に言うと
人は周りの意見に左右されやすい
ということです。

たとえば
「赤信号 みんなで渡れば 怖くない」
というフレーズがありますが

信号を渡るときに
赤信号でも周りの人が渡っているときに
渡ってしまった経験ってありませんか?

人は周りに合わせて動くため
赤信号でもついつい渡ってしまいやすくなります。

社会的証明はテレビ番組でも使われます。
バラエティ番組で笑い声とか驚きの声の音声
よく使われていますよね?

視聴者をここで笑わせたいってとこで
笑い声の音声を流すことによって
社会的証明が発動し笑ってもらいやすくなるのです。

こんなふうにいろんなところで使われています。

「いま話題の人気の商品!」とかね。
みんなが使ってるから自分も使いたくなってしまうのです。

あなたもなにか思いつきますか?

2、返報性の原理

返報性の原理とは、
なにかされたら恩返しをしなくてはならない、
という心理です。

鶴の恩返しが有名な話ですが
これも至る所で使われています。

たとえば無料配布物など。

中学生のときに修学旅行で京都にいきました。
京都ってさすが日本有数の観光地なだけあって
おみやげ屋さんがいっぱいあります。

特に印象的なのが八ツ橋。

八ツ橋を売ってるお店ってたくさんあって
自由に試食することもできます。

でも、食べてるうちにだんだん申し訳ない
気持ちになってくるんですよね。

「こんなに食べてるのに買わなくていいのかな?」
って思って最終的に何個か買っちゃいます。

もちろん味を知ってほしいという気持ちで
試食を出しているのだと思いますが、

僕らは返報性の原理にハマっていってしまうわけです。

まとめ

いかがでしたか?
少しは心理学に興味を持っていただけたでしょうか?

僕のメルマガではこのような面白い心理学を使って
お金を稼ぐ方法を紹介しています。

単純に心理学に興味ある人であれば
楽しめる内容になっているので
是非登録して読んでみてください↓

ISHII公式メールマガジン
メールアドレス 必須